イクオス 副作用

イクオスに副作用はあるのか?成分を解析

イクオス育毛剤を紹介しているサイトの99%はイクオスに副作用はないと言い切っていると思います。

 

でもね、副作用でる可能性はあります。

 

副作用がないと書いているサイトオーナーって、多分ネハゲです。

 

【ネハゲ】・・・ネットで女のふりをして相手を釣る「ネカマ」と同じく、ネット上ではハゲや薄毛で悩んでいるフリをして、我々を釣ろうとしている輩

 

 

って、今考えた造語ですが(笑)

 

あながちハズレてないはずですよ。

 

何故かと言うと、公式サイトに書いてあることを完全に鵜呑みにして、その通りの内容ほぼ100%という記事ばかりだからです。

 

 

良く読むと分かるのですが、ほぼほぼ公式サイトに書かれている情報しか書かれていません。

 

そして、都合の悪いことは殆ど書きませんww

 

なぜなら買ってもらうのが目的だから。。

 

 

彼らにとっては、あなたがハゲのままでいようが、何万も損しようが関係ないんです。だからダマされないでくださいね。

 

 

って副作用の話から随分とソレてしまいましたね。

 

副作用って言ってもいろいろなんですが、イクオスを使うことで考えられる副作用の原因は3つあります。

 

それぞれに成分から考えられる副作用となります。(一部体験も含む)」

 

 

まず1つ目の副作用

イクオスに限ったことではなく、またどの成分が問題ということではありませんが、アレルギー体質の方の場合は、何かしらの副作用が出る可能性はあります。

 

配合成分が単純に2種類とか3種類だけ・・という育毛剤ならほぼ事前に予測がたつかかもしれませんが、イクオスにはけっこう色々な成分が配合されてます。

 

ですので、アレルギーについては45日間の返金保証期間にしっかり確認したほうが良いです。

 

敏感肌でも使えるような成分構成にはなっていますので、それほど心配するレベルでありませんが。

 

 

2つ目の副作用要素

グリチルリチン酸ジカリウムが入っている点。
この成分は消炎効果があるなど便利な成分なのですが、一部の人たちからは危険ではないか?という声が上がっている成分です。

 

特に脱ステを目指している方々にとっては、似たような成分特性があるらしく目の敵にしているかたもいるのが現実です。

 

私の調べた範囲では、批判するひとはいるけれど、現実に深刻な症状に見舞われたというケースは1つもみつかりませんでした。

 

化粧品にも多用されている成分なので、殆ど心配はないでしょう。

 

 

 

3つ目の副作用要素

センブリエキスによる精力減退の可能性ですね。
こんなこと言っている人は多分殆どいないと思うんですが、5αリアクターゼ阻害など、いわゆる男性ホルモンを抑制する方向の成分は、抜け毛減少や予防のためには必要な要素です。

 

仮に髪が生えてきたとしても、それを上回るスピードで脱毛してしまえば、やはり薄毛は進行してしまいます。

 

育毛で大切なのは、「抜けないようにしながら増やす」ということです。

 

そのためには毛が抜ける原因物質をブロックしたり男性ホルモンを抑える働きのある成分を配合するのは必須です。

 

ところが、これは個人差はありますが精力減退という副作用をもたらす可能性も同時にもっていることだと考えられます。

 

実際に、自分の体験からこれを感じたことがあります。

 

イクオスサプリに含まれるノコヤシ(ノコギリヤシ)によるものかもしれないのですが、明らかに減退したと感じる場面がありました。

 

ですので、
“副作用?そんなのないです。安全です。M-034は副作用ないです・・”などなど

 

低レベルな事しか書いていないサイトには注意してくださいね。

 

 

ここから買うと毎月育毛サプリプレゼント♪
>>>天然無添加育毛剤IQOS<イクオス>

関連ページ

育毛成分を暴露!
イクオス配合の全成分のうち育毛成分とはどんなものが配合されているのでしょうか?普通は語られないイクオスの成分を解析